duckblueの文化的生活

duckblueの文化的生活

KPOPを主に、音楽、書籍、映画etc... 文化的だと思われる色々について綴る、女子大生のブログ。

2017年のプレイリスト_洋楽編

 

KPOP編と少し間が空いてしまいましたが、洋楽編もやります。

2017年は本当に洋楽をよく聴いた一年でした。「第三次韓流ブーム」についていけなくなった話は以前しましたが、その影響で一時期全くKPOPを聴いていなかったからです。

そのおかげと言ってはなんですが、新しい曲とたくさん出会えました。

 

 

♪SUPERFRUIT_BAD 4 US

youtu.be

2017年洋楽部門で一番の出来事は、SUPERFRUITを知ったことです。
PENTATONIXは前から好きだったのですが、まさか2人で歌っているとは!
fantasyという曲で、f(x)のアンバとコラボしていたので、そこから知りました。

まあとにかく歌が上手い。上手すぎる。自由自在に声を操り楽しそうに歌うので、最高にハッピーな気分になります。
"I get so shy, boy"の、"shy"の歌い方がめちゃくちゃ好きです。スコットがどっしり構えてるからこそミッチの高い声がアクセントになってて、至福のハーモニーです。

"Imaginary Parties"という歌も良いです。どちらにするか迷いましたが、僅差でこちらの曲にしました。

 

 

♪Alessia Cara_Four Pink Walls 

youtu.be

私の「第一次洋楽ブーム」がセレーナ・ゴメスから始まったとすれば、「第二次洋楽ブーム」は確実にアレッシア・カーラから始まりました。
ちょっと低めで特徴的な女性の声が好きなんだと思います。

このMV、見にくいんですが公式です。彼女が自分で全部制作したそうです。テイラー・スウィフトとの対談で、普段の飾らない自分を大切にしていると言っていたのは、こういうことかなと思います。

サビのメロディと歌い方が最高に好きです。高くなったり低くなったりの幅がせまいのが良いです。途中のラップもめっちゃ最高です。語彙力がなくなるぐらい良いです。
でも、いまだにFour Pink Wallsが何なのか分かってません…何なんだろう。

 

 

♪Martin Garrix & Troye Sivan_There For You

youtu.be

"Youth"のトロイくんが好きなので、試しに聴いてみたら好きな系統だなと思いました。そのときはダウンロードしなかったのですが、何故かサビのメロディが頭から離れなくなって、そこからよく聴くようになりました。

トロイくんのけだるげな歌い方が良いですよね。「君のそばにいるけど、君もぼくのそばにいて」という言葉だけみると硬い約束のようですが、トロイくんの歌い方もあって、儚い願いというか、霧のようにいつかは消える感じがして素敵です。

マーティン・ギャリックス、どこかで見たことがあると思ったら"In The Name Of Love"の人でした。納得。(前もこんなこと言ったような気が…)

余談ですが、"There for you"の二回目、「ゼア」じゃなくて「ダァ」に聞こえるのですが、これはオーストラリア訛りなのでしょうか?

 

 

 

♪Avicii_Without You ft.Sandro Cavazza 

youtu.be

絶対に1Dのナイルが歌っていると思っていたので、違ってびっくりしました。最初の方の歌い方とか似てませんか?

最初の、ギターをバックにした落ち着いた雰囲気から、サビでガッとテンションが上がるところが好きです。別れの歌なので、よけいに感情がのります。夏からずっとよく聴いた曲です。

アヴィーチーが有名なのは知っていましたが、好きになった曲はこれが初めてなので、他にもいろいろ聞いてみようと思います。

 

 

♪Kehlani_Undercover

youtu.be

めちゃくちゃ好きな声です。曲もテンポがよくて飽きないです。
ケラーニちゃん自身R&Bシンガーという肩書のようなので、私が好きなのも納得いくなあと思います。R&Bが何なのかははっきり分かっていないのですが、好きな曲がR&Bのジャンルに多いので。

 

 

あんまり動画を貼りすぎると重くなるので、ここからは文だけでいきます。

♪ Selena Gomez_Bad Liar
 やっぱりセレーナは好きです。サビのリフレインが中毒になります。Fetishの時のような、喋るような歌い方も良いと思います。

♪ Camila Cabello_Havana
 MVのストーリーが面白くて、珍しく映像から好きになった曲です。真似しようとしてもできない声と歌い方。自分に似合う曲をよく分かっている人だと思います。

♪ ZAYN_Dusk Till Dawn ft. Sia
 最高にかっこいいコラボです。"Light it up"から二人で歌い出しますが、シーアは音を伸ばしてるのに、ゼインはつぶやくように音を切っていて、それがなんだか心地良くて好きです。歌詞も、勇気をもらえる良い歌詞です。

♪ Jon Bellion_Overwhelming
 Apple Musicのプレイリストから適当に流していて、見つけた曲です。力の抜けた軽いラップから、キャッチーなサビへと繋がっていくのが、スマートで好きです。もう1曲、同じ人の"All Time Low"という人気の曲があるのですが、そちらも良い曲でした。

♪ THE 1975_She's American
 たぶん一生聴き続ける曲だと思います。全てが好き。本当におしゃれな音ってたぶんこういう音のことだと思います。でも一つだけ難点があって、同じ文化圏にいないので、歌詞に隠された本当の意味が分からないことです。文字通りにしか受け取れなくて、それがちょっともどかしい。誰か詳しい方、解説して頂けると嬉しいです。

♪ Halsey_Roman Holiday
 これも、もうずっと好きな曲です。またも声が特徴的な歌手です。歌詞がちょっと分かりにくいのですが、いつもちょっと切ない気持ちになります。でも悲しい切なさではなくて、気持ちの良い切なさです。

 

〈番外編〉

ぼくのりりっくのぼうよみ_shadow / CITI
 洋楽でもKPOPでもないのですが、ここに書いておきます。基本的にKPOPか洋楽を聴くので、JPOPは聴かない(KPOP歌手の日本語の歌もあんまり聴きません。外国語が好きなんだと思います)のですが、TVで特集されてたのを見て、好きになりました。歌手名も個性的ですが、歌い方も歌詞もかなり個性的です。

shadowという曲の方で「今目を逸らせば / 消える幻みたいな君がいる」という歌詞があります。普通、「目を逸らす」ときは、対象を見ていてなんらかの理由で見たくなくなったから逸らすときに使うと思うのですが、ここでは見たいはずの対象(=君)は逸らした先にいることになっていて…。と、こんな感じでちょっと変わった歌詞が多いです。言葉って面白いなあと思いました。

shadowは、ラップの後ろのピアノがすごく綺麗で、全体的な雰囲気が好きです。CITIは皮肉っぽくてなげやりな世界観が好きです。やっぱり母国語なので、内容がすっと頭に入ってきて、逆に新鮮でした。

 

f:id:duckblue:20180114214312j:plain

 

なんとか1月中に書ききれて良かったです。

やらないといけない事が多いのに書きたい事も多いのなんとかして欲しい。

当たり前なんですけど、それぞれの曲と自分が出会ったストーリーがあって、それを思い出しながら書いていけたので、楽しかったです。 

さて、2018年もたくさんの良い音楽に出会えることを願って…。