duckblueの文化的生活

duckblueの文化的生活

KPOPを主に、音楽、書籍、映画etc... 文化的だと思われる色々について綴る、女子大生のブログ。

【MV感想】 Samuel(サムエル)-Sixteen(16)

youtu.be

 

プデュ組で、誰よりも報われて欲しい人、キム・サムエル。

最初は17projectから始まり、次にonepunch、そしてプデュ、からのソロデビュー。

タイトルにもなってるけど、まだ16歳。なのにこんなにいろいろあって、やっと本当のスタートラインに立てた感じ。

 

私が彼をずっと見ていたのは、プデュぐらいだけど、損な立ち回りだったなあ…と思ってしまう。

イケメンだけど、どちらかと言えば韓国人が好む顔とはちょっと違うし、ダンスも上手いし、一通りこなせるから番組的には面白くないし、めっちゃくちゃ愛嬌があるわけでもないし、誰かとめっちゃ仲良くて、ペジデフィ!とか、オンネル!的なコンビもできなかったし…

と、がんばってるのに、すごーい!で終わってしまった感。もっと言うと、国プみんな好きだし、実力あるって認めてるし、デビューするだろうなと思ってるけど、思ってるだけで1pickにはなかなかなれないポジション。

現wannaoneでデビューするにしてもしないにしても、事務所的に将来はソロで売るっていうのはみんな分かってたことで、だからこそグループでのサムエルが見たかった…

プデュ終了後、事務所の代表がインスタに載せた、あのやつれたサムエルの顔が忘れられない。16歳が背負うにしては大きすぎる負担。

こんな背景があるからだと思うけど、たまに全てを達観した顔をするときがあって、それに少し切なくなる。

 

でも、プデュ後、一番最初にデビューを決めたBrave ent.の対応は良かった。

全力でバックアップする姿勢が見えて、安心したムエルペンもいたのでは。(私もその一人)

 

 

f:id:duckblue:20170810202551p:plain

 (無邪気な笑顔が見れると安心するヌナペン。にしても最近のトントンTVは良い仕事するな…)

 

 今回は前置きが重いし長すぎました(笑)

それでは本題のMV感想!

 

サムエル曰く、「トロピカルサウンドなポップソング」だそうです。いつものように、音楽のジャンルって分かるようで分からない。

溢れ出る洋楽み。というかジャスティンビーバーみ。やっぱりさすがのダンス。でもそんなに歌声に機械音かぶせなくてもいいのにな…

セブチの예쁘다っぽいセットだけど、一緒に遊んでる人(ダンサーさん?)がみんな年上でちょっと違和感。

サビ前の、「16(よるよそっ)!」が可愛い。Sixteen~Sixteen~の指も可愛い。

「インスタフォロー」でハート付けられるのも可愛い。さすがに音楽番組ではアウトだったのか、「オンラインフォロー」に変えてたけど。

Youtubeのコメントで、英語で書いてあった言葉で、サムエルは韓国じゃなくて欧米で売った方がよくない?っていうのがあった。

どうだろう?Billboardもそんなに甘くない気がする。

 

とにかくサムエル!期待してます。セブチとのコラボとか…あったらいいのに。

 

 

 

 

(もしも彼が17歳だったら、曲名はSeventeenに…絶対なってない。16歳で良かった。)