duckblueの文化的生活

duckblueの文化的生活

KPOPを主に、音楽、書籍、映画etc... 文化的だと思われる色々について綴る、女子大生のブログ。

【読書感想文】有栖川有栖 「長い廊下がある家」 を読んで

 

 

メルヘンチックな作者の名前に、以前から興味はあったが、とうとう読んでみた。

「長い廊下がある家」「雪と金婚式」「天空の眼」「ロジカル・デスゲーム」の短編4つで構成されている。

 

長い廊下がある家 (光文社文庫)

長い廊下がある家 (光文社文庫)

 

 

 

特徴的なのは、これら全てに推理小説家の有栖川有栖が出てきていること。

有栖川有栖ファンなら当然のことなのかもしれないが、この作家の作品は初めて読んだので、すごく新鮮に感じた。

これ、作者の頭の中はどうなっているんだろう?ただ単に、自分と同姓同名、かつ職業も同じ人間を描いているだけなのか、それとも自分そのものを投影しているのか…

 

そして、重要な登場人物がもう一人。臨床犯罪学者の火村准教授だ。ほぼ彼が探偵役として警察から現場に呼ばれ、有栖川有栖も(ついでのような感じで)一緒に呼ばれる。

役柄としては、火村がホームズ、有栖川がワトソンだろう。有栖川が関西弁を話すので、東川篤哉の某シリーズのようにも感じる。犯罪現場に呼ばれる、という設定は、東野圭吾っぽくもある。

有栖川が次々出す仮説を火村が否定し、そしていつのまにか火村が答えを導き出している。二人のやりとりがおもしろい。私が関西出身のため、関西弁も違和感なく入り、テンポよく読み進められた。

 

個人的には、タイトルにもなっている、「長い廊下がある家」と、最後の「ロジカル・デスゲーム」がお気に入りだ。

「長い廊下がある家」は、まず舞台となる家が特殊だ。その特殊さを使ったトリック。

山奥の人がいない村、心霊番組の取材、黒く冷え冷えする廊下、今が夏だからか、雰囲気満載で読めた。

「ロジカル・デスゲーム」は、読み進めていくうちに、それあり?と思うようなシチュエーションだが、最後の確立の問題、そういうことか…となった。なんか洋画でありそうな、ちょっとぶっ飛んでる感じだが。

 

そういう作風なのかもしれないが、トリックだけ解明して、あとの人間関係については言及されないタイプの作品だった。事件後の登場人物たちがどうなったのか少し消化不良だが、そこまで書くのは野暮だ、ということなのだろうか。

 

全体的に軽い気持ちでサクッと読める。このシリーズの他の作品も読んでみたい。